お守りとして

数珠

数珠(じゅず・じゅじゅ・ずず)とは、紐・糸などに穴が開いた珠を連ね通し、輪にした仏具のことです。念珠とも称されています。

珠の素材は石や香木などで作られています。石の素材には水晶・珊瑚・翡翠・メノウ・オニキスなどで、木の素材のものには、梅・黒檀・白檀・紫檀・つげ・金剛菩提樹の実・星月菩提樹の実などがあります。

使用機会

木の数珠

宗派などによって異なりますが、主にお葬式やお墓参り、法事などの際に使用されます。
仏様や菩薩様などに礼拝する際に手に持ち合掌すれば、煩悩が消滅し功徳を得られると言われています。
また、念仏や経を唱える際に、その回数を数える為にも使用します。
108珠という数は、108の煩悩を消滅させる為の数だと言われています。

仏具としての数珠

茶色い数珠

数珠(じゅず・じゅじゅ・ずず)とは、紐・糸などに穴が開いた珠を連ね通し、輪にした仏具のことです。
念珠とも称されています。
珠の素材は石や香木などで作られています。
石の素材には水晶・珊瑚・翡翠・メノウ・オニキスなどで、木の素材のものには、梅・黒檀・白檀・紫檀・つげ・金剛菩提樹の実・星月菩提樹の実などがあります。
珠の数は宗派によって形が異なりますが、正式なもので108個、略式で18~43個ほどの珠で作られています。

数珠の特徴

手に付ける

お数珠とお念珠は名前は違いますが、意味は同じで法具のひとつです。どちらも本尊にお参りした時や、お墓参りの時、お葬式などの時など法事の時に手にかけて使用します。語源的には、念仏をとなえる時に、そのとなえた念仏の回数を数珠の玉でを弾いて数えていた、という説が有力のようです。本来の玉の数は108珠が基本なのですが、最近では略式化した一重のものが一般的で、略式でフサが付いたお数珠が宗派を問わず広く用いられています。男性に人気なのは、木製の念珠です。

人気のある数珠の種類

シンプル数珠

女性、男性にも人気があるのが水晶の玉です。
透明感がある水晶は、合わせやすくて上質感があり、パワーストーンとしても人気があります。
優しいピンクの色合いが特徴のローズクォーツは、特に女性の間で人気があります。